ブログ

スピードで感じる人の温かさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近、風邪をひいてしまいました。
大して重症ではなかったのですが、咳だけは止まらず、肋骨のあたりが筋肉痛になってしまうほど。。。

ありがたかったのは、日本人の友人がすぐに薬を分けれると言ってくれたり、
知り合いの方がすぐに病院の予約を入れてくれたり、
本当にすぐに対応してくださった方々がいたことでした。

どんなプチ起業でも、相手のやりとりは必要不可欠です。

家庭との両立の中で、すぐにメールなどのお返事をするのが難しいと感じたら、
まず大事なのは、①最初の段階で、ポリシーをお伝えしておくこと。

私とあなたとの間では、返信をするのはこのくらいの目安になります、ということをお伝えするんです。

その上で、②相手の期待値を少し超えること

「3営業日に返信させていただく」というポリシーを最初にお伝えしておいて、
相手が大変そうなときは、早く返信できたら、喜んでもらえると思いませんか?

そんなに切羽詰まって、数分以内に返信をする必要はないと思うのですが、
スピードで、相手の期待値をちょっと越えるということを意識してみたらいいかもしれません。

「3営業日以内の返信とお伝えしておいて、相手の緊急度に応じて1日以内には返信をする」
すぐに返信ができない場合でも、
メールを受信したことだけでもお伝えして、いつころ返信ができるか伝えてあげるだけでも違うかもしれません。

プチ起業に限らず、家族や友人との間のコミュニケーションも同じだと思います。
やっぱり、、、なかなか返事がこない友人よりも、まめに連絡をとれる友人の方が信頼できませんか?
なかなか返事の来ないパートナーよりも、忙しくてもいつ頃連絡がとれるか教えてくれるパートナーの方が、
長く付き合っていけると思いませんか?

プライベートでの人間関係も見直して実践していくと、
あなたのプチ起業でも人との信頼関係が築けるかもしれませんね。

薬をすぐに分けてくれるといった友人も、病院にすぐに予約を入れてくれた友人の方も、
偶然にも起業を考えている方たちでした。

きっとこの方たちが起業をされたら、信頼のあるビジネスになるだろうなあ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る