ブログ

起業したら借金を抱えますか?プチ起業に必要なコストは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1週間ほど前の、妊婦さんのプチ起業コンサルティングのスカイプ。
前向きに家庭と両立できる働き方で何かやってみたいと、
メンバーさんになってくださりました。

不安なことはありますか?とお聞きすると、
「私、借金とか抱えますか?」

事業借り入れ→借金→破産?みたいなネガティブなイメージを持たれていたようで!ドラマとかではあるかもしれませんね(笑)

「プチ起業ですから!心配しなくて大丈夫ですよ」

普通の起業の場合、事業借り入れは一つの有効な戦略になりますが、
プチ起業コンサルティングでは、事業借り入れをすることは想定しません。

プチ起業の特徴の一つは、大きなリスクはとらないこと。

私が思う、プチ起業をする上でかけた方がいいコストをお伝えしました。

①パソコンなどのネット環境全般を整えること
②早い段階で効果を出したければ、数万円の広告費用をかけること。(例えば、FacebookやYahooなどの広告とかですかね)
③人とつながるためのコストは惜しまないこと。(例えば、同じ立場の人と意見交換をし合ったり、いろんなアイディアをしてくれる人とつながるのを惜しんでたら、、、カフェ代やご飯代を気にしていたら、、、なんか寂しい・・・)

その他・・・

とはいっても、オフィスを構えて人を雇うというような通常の起業の場合、規模を大きくしたかったら、
私は事業資金の借り入れは有効だと思っています。

投資の目的が明確であれば、レバレッジを効かせることができるんです。
投資によってもっと効率的に効果的にビジネスができる場合。

私は、司法書士事務所としてオフィスを構えて人を雇うという経営スタイルだったので、
法律事務に携わってくれる人を雇用することも絶対に必要でした。

そして、海の見える場所にオフィスを構えたかったんです(笑)

何より、お金の心配をしながら事業を経営すると軸がぶれていってしまうのは絶対に避けたかった。

何百万という事業資金を借り入れしましたが、早い段階でその効果が出て借り入れをした場合以上の利益が出ました。

プチ起業から、オフィスを構えて人を雇うという段階に移っていったときには、
事業資金の借り入れは有効かもしれません。

また、このあたりのことも少しずつお伝えしていきますね〜!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る