ブログ

夫の夢のために妻が起業する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ニューヨークからカルフォルニアに帰ってきましたよ〜。
今週コンサルティングさせていただいた方たちの特徴は、
「ほっこり」していること😊

ビジネスに必要なのは、ガツガツした野心より、誰かのために、という優しさだとつくづく感じました。

昨日のスカイプミーティングでのMさん。
「今までがんばってきたこと」「楽しんで続けていること」いろんなお話をお聞きしながら、
見えてきたのは、ご主人をもっと支えていきたいという彼女の優しさでした。

「仕組みを作ったり、環境づくりが好き」というMさんは、マネジメントに向いている方だと思うので、

ご主人が今やっていらっしゃる福祉関係の分野で、
Mさんが仕組みを作っていく、というアイディア
をお勧めしました。

なので、今月の宿題は、ご主人に起業プランシートでご自身の棚卸しをしてもらうこと。

ご主人が専門的な分野でお勤めをされている場合、
ご主人には専門分野のお仕事を続けていただいてスキルアップをしていただきながら、
妻がマネジメントについて学び起業を準備するという仕組みは理想的な形の1つだと思います。

なぜなら、専門分野での起業は、その専門性のスキルをあげることに集中する必要もあるので、
マネジメントが疎かになってしまうことも。

私がやっていた司法書士の業界でも、
法律という分野でのスキルはあっても、マネジメントが難しいという声をよく聞きました。

でも、そこで、妻が一緒にマネジメントに入ってくれたら、
「顧客との関係はどうか」
「従業員の方が気持ちよく働けているか」
そういった女性らしい気配りが、ビジネスを安定させることもできると思うのです。

これからどういう形になっていくか、楽しみです〜
Mさんは近々出産予定なので、まずは元気な赤ちゃんが産まれるように体を休めていただいて、
ビジネスの方もゆっくり考えていけたらいいですね😀

ほっこりする時間でした〜💕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る